ロータリーは機会の扉を開く
八戸ロータリークラブ

ローターアクト例会を開催しました

八戸ローターアクトクラブは8月26日(水)、8月第2例会を八戸グランドホテルで開催しました。

出席者はローターアクトと八戸ロータリークラブから各6人。ゲストとして東北電力八戸営業所と東北電力ネットワーク八戸電力センター、八戸赤十字病院の若手社員ら計11名が参加し、総勢23名での盛況な会合となりました。

例会では、八戸ロータリーの紺野広幹事が「八戸の、青森の、日本の、世界のローターアクトの活動」と題して卓話。ローターアクトと共同で取り組んでいる「母子生活支援施設 小菊荘」での学習支援について報告したほか、地区のローターアクトがインドのニューデリーで行ったポリオ根絶の奉仕活動を紹介しました。

八戸ロータリーは今後もローターアクト例会に会員企業の若手社員のゲスト参加を促す方針です。

 

世界のローターアクト活動について説明する八戸ロータリーの紺野幹事(左から2人目)