ロータリーは機会の扉を開く
八戸ロータリークラブ

八戸RC会長方針

2020-21年度会長テーマ

“See You Next Week‼” 「来週も会おう」

道尻誠助

 本年、歴史と伝統のある我が八戸ロータリークラブは創立65周年を迎えます。そして35年後には創立100周年が控えております。その日のために種をまく人となり精一杯努めてまいりますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

さて、今年度国際ロータリー会長ホルガ―・クナーク氏が掲げられたテーマは“Rotary Opens Opportunities”「ロータリーは機会の扉を開く」です。「未来に向けた『機会の扉』は支援を求めている人たちや若者だけでなく、我々自身にも用意されています。」と述べられています。そこにはロータリアンにはロータリーを成長させる使命があるとの願いが込められています。

この国際ロータリー会長の方針を受けて第2830地区源新和彦ガバナーは地区スローガンを“Believe Together!”「信じ合おう」と宣言されました。その意味するところは寛容さにも通じるような気がします。

本年度、八戸ロータリークラブのテーマを“See You Next Week‼”「来週も会おう‼」としました。現在も進行中のコロナ禍により当たり前の日常がどれほど有難い事だったのかに気づかされました。例会が中止になるかもしれない、また次の例会には出られない方が出るかもしれないと思う時、1回1回の例会をかけがえのない大切な例会にし、また会える事に感謝できる事を念じ選びました。佐々木泰宏前会長のテーマ「例会での会話を増やそう‼」にも則り、愉快で笑顔あふれる例会実現に向け会員の皆様のご協力と知恵を拝借したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

【今年度の重点目標】
1.例会の魅力アップ作戦
クラブ活動の中心としての例会が会員の皆様の本拠地としていつも楽しい時間となるような企画・運営・サポートを目指します。

2.卓話の活用
素晴らしい会員の楽しい卓話満載にします。お話を聴く事で自身の視野が広がり人生において大きな糧となる事が期待できます。

3.「奉仕の理念」(他人を思いやり、他人のためになることをしようという考え方)と「四つのテスト」の実践
「四つのテスト」はロータリーの土台と言えるのではないでしょうか。しかし唱えるだけでは力が湧きません、実践あるのみです。

4.弱い立場にいる子供、女性への支援
弱い立場にいる人々の現状を知り、私たちの支援を必要とする人たちに役に立つ事をしましょう。

5.会員の退会防止作戦
新会員(入会3年未満も含む)には生涯ロータリアンになってもらう事が大切です。とことん面倒を見る推薦人がメンターとなり、数名でフォローする応援隊を作ります。

6.会員増強総力戦
リストアップされた方へのアタック隊を作り、グループで勧誘。Aグループで不発の場合はBグループ、Bグループが不発の時はCグループが対応。美酒に酔う日が来るように。

7.「ロータリー生活を楽しむために」ガイダンスの八戸ロータリークラブ版の作成
新会員のクラブの中の居場所作りを支援するガイダンスです。新会員が孤独にならない事間違いなし。

8.会報の充実と活用
見ているだけで、来週の例会にも出たいと思える希望に繋がる会報へとリニューアル。臨場感満載、目も耳も心もびっくりさせましょう。

9.戦略会議の開催
①「若者が魅力を感じるロータリークラブとは」
②「私たちの5年後にどのようなクラブになっているべきか。」「それを達成するにはどのようなステップを踏むべきか」

10.地球も喜ぶ環境保全活動プラスチックごみダイエット作戦(いつでもどこでも今日からプラスチックの消費を減らせます。
マイクロプラスチックごみの減量にも繋がる地球と人間に優しい取り組みです。

11.国際交流奉仕事業
日本と母国の架け橋となる留学生あるいは外国人就業者への支援をさせていただきます。

12.子ども支援ランチ(貧困と子ども支援)
月1回を軽食ランチとし、通常のお食事から少し代金を浮かせてその分を子ども支援に活用します。

13.職場訪問例会の実施
八戸の宝として君臨している企業を訪問、見聞を広める事ができます。

14.八戸ロータリークラブ65周年記念式典の準備・開催
八戸ロータリークラブ65周年記念式典実行委員会を立ち上げ、式典は質素でも内容のある社会貢献型周年記念事業を行います。新型コロナ感染症対策による世界の状況を鑑みて、今年度の基隆ロータリークラブとの直接の交流は中止させて頂き、それに代わる交流を考えます。

15.温故知新事業
今までの周年記念事業の現在を訪ね、当時の事を知っている会員にインタビューしその思いを後世に伝える小冊子を作ります。

ロータリーは会員お一人お一人が主役でなければなりません。いつでもロータリー成長のためのアイデア、ご意見を受け付けております。ロータリアンが絆を深め合う事で喜びは掛け算に、悲しみは割り算になります。理事、役員、委員長の皆様のリーダーシップの下、皆様にとって躍動感あふれる一年になりますよう、紺野広幹事とともに頑張りますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。