ロータリーは機会の扉を開く
八戸ロータリークラブ

八戸RC会長方針

2021-22年度会長テーマ

「今できる親睦と奉仕を!」

小井田和哉

 

国内での新型コロナウィルスの感染拡大が騒がれはじめてから、一年以上が経過しました。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が講じられていますが、終息にはいたらず、第2波・第3波、更には変異型ウィルスの感染拡大と衰えを知りません。ワクチン接種も始まったばかりで先が見通せない状況です。

我々の生活も一変しました。ロータリー活動も然りです。ロータリーは「親睦と奉仕の積み重ね」であると言われます。みんなで集い、語り合い、時には盃を傾ける。そしてみんなの思いを形にして社会に還元する奉仕活動。その様なロータリーの当たり前の活動が今は難しくなっています。

感染が拡大した当初は、例会を一時的に休会せざるを得ませんでしたが、現時点では検温・手指消毒、会場内でのソーシャルディスタンスを保ち、食事をとる時以外はマスク着用、オンライン参加も導入し開催しています。

しかし、飲食を伴う夜例会・IDMなどの会員同士がより親睦を図る機会が激減してしまいました。また、多くの人が集まるイベントや奉仕の機会を企画すること自体が躊躇してしまう状況です。

この様な状況のなか、今年度の会長方針は「今できる親睦と奉仕を!」としました。感染状況やワクチン接種の広がり等を見極め、その都度できる・できないを判断し、やると決めたら全力でかつ安全に実施したいと思います。八戸RC内でクラスターを発生させることは絶対に避けたいと考えています。しかし何の活動もしなければ、クラブの存在意義が問われてしまうのではないでしょうか?みんなで今できる親睦と奉仕に全力を傾けましょう。

一方でコロナが終息したとしても、以前の様には戻らない部分もあると思います。オンラインによる例会参加やメーク・アップなどは、コロナ終息後も当たり前の選択肢となるでしょう。新しい生活様式・新しい価値観に我々も合わせていく、つまり私達自身も変化する必要があるのです。私達にできる新しいロータリー活動を一緒に考えていきましょう!一年間ご協力宜しくお願いします。